UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

癌は治る・免疫力アップ(自然治癒力)でガン退縮

がんは治る病気・免疫力を上げれば癌は消滅へと向かいます。
がん治癒への一番の妨げはガンに対する恐怖心とストレスで免疫を低下させてしまうことです。
恐怖心は心と体に大きなストレスを与え、痛みさえ増強させてしまいます。
癌=再発転移=死  癌は自分の命を奪う怖ろしい病である、という固定観念をすべて捨てること
がんは、自分がつくった病気です。
だから自分次第でなおすことが出来る病気なのです。
余命宣告を受けても、ある日突然、癌が退縮したり、元気に共存している人はたくさんいます。
癌細胞の消滅が起きることは奇跡でもなく、誰もが持っている可能性なのです。
末期ガンだからといってあきらめる必要はないのです。
癌を治したければ、がんが治る生き方をする
再発転移をさせないのも自分自身です。
不自然な生き方をやめ、がんと向き合い、癌が治る条件を揃えれば、癌は退縮、治癒していくのです。

ガンからの復活・克服体験から学ぶこと

塚本みづほ

私のページにお越し下さりありがとうございます。
昔の私は体調不良で頻繁に病院にお世話になっていました。
原因もわからず毎月のように熱を出し、よく寝込んでしまう虚弱な体
自分の体の弱さを生まれつきだから仕方ないと思っていたように思います。
その後まもなく突然のガン宣告を受けました。
当時の私は癌=死でしたから恐怖と絶望感で地獄ような時間を過ごしました。
しかし世の中には末期癌でも生還している人がいることに気付いたのです。
その人達が何をしたのか調べていくうちに出逢ったのが『プロポリス』です。
直感的に『飲み続ければ必ず体は応えてくれる』と感じた私
そして波動の高いプロポリスを飲みだして間もなく、私の心と体に変化が起き始めました。
感謝する気持ちが生まれ、癌への恐怖感が消えたのを覚えています。
同時に今までにない36.8度の体温と汗が出る喜びを感じるようになり、心と体が確信を覚えました。
そして生命エネルギーを高めることが癌に最も効果的な治療法であると気付いたのです。
絶望のふちから立ち上がり現在、健康に幸せに暮らしている私の体験談やプロポリスが同じように苦しむ方々にお役立ち出来れば幸甚に存じます。 
眠っている生命力を蘇らせるには自然界の波動を受け取り、生命エネルギーを高めるものを体に入れることをおススメします。

当サイトは、私を含め克服した人の経験に基づく情報であり、指導等ではございません。
療法等につきましてはご自身で責任をもってお選びください。

詳しくはお問い合わせ、ご相談ください。

ガンに学ぶプロジェクト~ がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

《がんをなおしたい、再発転移をさせない》

乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、大腸ガン、すい臓ガン、肺ガン、大腸ガン、胃ガン、咽頭ガン、肝臓ガン、甲状腺ガン、舌ガン、食道ガン、脳腫瘍、白血病、悪性リンパ腫、肝炎、糖尿病、更年期、

癌の痛みを軽減するには・・・抗ガン剤の副作用を軽減するには・・・再発転移を防ぎたい・・・

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、愛知、北海道、群馬、長野、富山、静岡、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、鳥取、島根、山口、愛媛、徳島、福岡、大分、鹿児島、長崎、熊本、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スイス・・

各方面からご相談を頂いております。がんはひとりで悩まないことです。

癌(がん)を治す方法・ 法則・自然退縮・自然治癒

癌(がん)を治す方法は自分のなかに在ります。
細胞の生まれ変わり、ガン細胞の修復は代謝によって行われます。
 命の営み、命の根源といえる代謝

代謝が活性化されると免疫力が高まり体力が安定します。
【栄養、体温、心】この3つが常に一体となり生命活動を行い、代謝を高め免疫力は強化されます。
代謝を高め免疫力を上げることが、がんが治る生き方なのです。
ガンの人は代謝が悪く、免疫力が低下しています。
 落ちた体力、精神力をグッと持ち上げ、底上げしていくためにも良い栄養を摂り、体を動かし、体温を上げる生活の改善が必要です。
一番大切なことはおおらかな心で、喜びを見つけ前向きに生きること
間違った生き方を変えるよう、教えてくれた癌に感謝して、生き方・思考癖を見直してみませんか?
ガンを克服した人は生き方をガラリと変えています。

【がんを治した生き方の共通点】

●食を見直し腹7分目
●運動で下半身を鍛える
●早寝早起きで朝陽を拝む
●体を温め内臓温度を上げる
●健康食品を上手に活用する
●明るく前向きに生きる
●新たな価値観ですべてに感謝する
●信念を持ち執着を捨てる

癌(がん)への感謝は、がんを治す大原則です。

癌(がん)になった原因は血液の汚れ・癌に感謝

癌の原因は汚れです。 
『がン(腫)は、血液の汚れを浄化する装置である』
血液生理学の研究をされた森下敬一医博が唱える
全身の血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって教えてくれたのがガン
がんは毒素の塊であり、癌にならなければ、敗血症で一瞬で命を落としていたかもしれません。
だから、癌(がん)は感謝すべき存在なのです。
何が血液を汚したのか・・・
ストレス・不平不満・不安
食の乱れ・食べ過ぎ・運動不足・睡眠不足・体の冷え
これらのガンをつくった原因を取り除かない限り、癌は血液の汚れを浄化するために活性化され続けます
血液を浄化する生き方をすることが一番のがん治療法だといえるでしょう。